スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

きつつき

2009/03/07 Sat 14:21

梅香も終わりの陽気です。
秋の枯れ草の下には、日々広がる緑。
連れ立って、虫たちも蠢いて、
連れ立って、小鳥たちも多くなりました。

畑に常連のムクドリやヒヨドリ、
近くの枯れた草原にはモズにアオジ、
用水路沿いにはジョウビタキetc...
近眼の肉眼でも簡単に確認できるくらいですから、
双眼鏡を持ってきたら・・・

昨日はベランダで洗濯物を干していたら、
「ととととととととと、ととととととととと」
もしかしてドラミング?と辺りを見まわすと、
キョッキョッと気持ちよく鳴いて、
弾むように松の木を登るアカゲラを発見!

木の船を漕ぐような不思議なキツツキの音。
北海道ではよく耳にしましたが、
こんな街中にもいるんですねぇ。
スポンサーサイト
鳥のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

田んぼのおかげ

2008/05/16 Fri 09:34

ようやく田植え本番といった様子のこの辺り。
ゆっくりと贅沢な田んぼの使い方のように感じます。

稲が植わると、ふぅと一息の。
あるべきものが戻ってきたという安心感。
実りを祈る期待感。
誰かの田んぼの誰かのお米なのですが。

田に水が蘇ると水辺の植物も昆虫も小動物も鳥達も、みんな集います。
この日は天鷺(アマサギ)も。。
アマサギ
田んぼのおかげでそこらここらからたくさんの命の蠢き。
そこでは嘘のない精一杯の戦いが。毎日毎日、刻々と。
田んぼのおかげで畑の周り、賑やかになってきました。
鳥のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

帰ぇってきったぞ~!

2007/12/09 Sun 23:43

留まる鳥の後ろ姿があり。
リズム良く上下する尻尾。
雀より一寸ふくよかな体つき。
あれはもしかして・・・モズコ!!! いや、モズオかい!!!

今年も百舌鳥(もず)がやってきました。
彼らは留鳥ですが、畑単位で見たら冬から春先にだけやってくる鳥です。
ムクドリやハクセキレイも同じく。他の土地で虫が少なくなったら、ここにやってくるのでしょう。
去年は2羽のモズが冬の間おりました。除草や定植をしていると近くまで寄ってきます。
そして掘り返した土中の虫を目ざとく見つけ捕食。いつも現れる時間は大体決まっています。
虫も鳥も野の花も少なくなり、静かなこの季節にはなくてはならない畑の相棒です。
しばらく見かけないと心配になり、少し痩せても心配になり。
今年もまた愉しませてくれることでしょう。

先日、「都会のカモが肥満で飛べなくなり、北に帰れない個体が増えている」というニュースがありました。自然のままにそっと見守りましょう!彼らが自力で採餌できる場所を守りましょう!

鳥のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

畑のキジ

2007/11/10 Sat 23:17

今春生まれた三羽のキジ、どうやら一羽は雄で二羽は雌。
娘さんはお母さんと区別ができないくらいに大きくなりました。
息子さんは体に派手な模様が現れるまでは見かけたのですが、それっきり。
どこかに行ってしまったのでしょうか。それともお父さん!と思っていた個体が実は息子さんなのでしょうか。

先日も彼らに近距離で遭遇。いつもながらお互いに驚いて、ついにはキジ、飛び立った。
雌が二羽。重たそうにジタバタしながら低空飛行。秋になって、丸々としてきた。
旨そぅだな。やっぱり鍋だべさ。キジ鍋は秋。来年、また子供が生まれたら食べようか。旨そだな。

鳥のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

続・キジ

2007/06/04 Mon 23:42

キジが母子になっていました!子供が3尾。(写真は2尾)     キジの母子

バアァサァバサバサバサー!!
出会いはいつも突然やってくる。
飛び立って飛び降りて初めてキジだと確認。小さな個体もいたので、今日はヒバリと仲良く食んでいたのかなと思ったら、あれヒナじゃないですか!敵(私)の出現で母子はちりぢりに。あぁごめんなさい。お母さんは大慌てで、がさつにも無遠慮にカボチャのトンネルに上がって「お母さんはここよ!」と言わんばかりに澄んだ声で鳴いていました。いつもは雄の3歩後ろを歩くような彼女のあの姿、凛々しいを通り越して力強く必死。そんなに目立つところに上ったら、敵に見つかってしまうのに、はて。もしかして自らおとりになって子供たちを遠くに逃がしているの?山火事があっても卵を守リ続ける程の強い母性愛(昨日6/3農業新聞より)の一端を垣間見たような気がします。
ところで雄は何処に?最近は雄たけび激しく方々から聞こえてきたり、ひとり優雅に歩を散らしている姿を見かけるけれど、お父さんは一緒じゃないの?もしや新しい奥さん探し?

鳥のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

マヒワ

2007/04/06 Fri 23:38

起床してぼやぁ~と食堂へ向かう途中、思いがけずマヒワに出会ったので今日はそれだけでもう良い日になった。
マヒワは冬鳥で、しかも市街地でも見かける珍しくない鳥だけど、私の好きな黄色と緑のグラデーションを持ち、小柄なのにふっくらとした体型と高い声なので好みのタイプだ。しかも突然に思いがけず出会えたのが良かった。さらにいうなら、彼には思い出がある。フリーターを始めたばかりの富良野時分、双眼鏡と野鳥図鑑をリュックに詰め込んで、お昼休みにはふらふらとしていた。マヒワの群れとは忘れない、4月初めにアスパラ農家さんに行っているときに出会った。これから進む冒険の道へと期待に胸膨らませている、その時の初々しい心持ちが蘇る。だから今朝はマヒワに会うだけで良い日になった。
4/6は春分の初侯:玄鳥至(燕が南からやって来る)。本当に燕が飛んで来たので驚いた。低く飛んでいたので明日は雨かな。あれはアマツバメ?まだ同定に自信がない。。。

今日はレタスの定植をしました。いかなる作物も苗作りと定植のタイミングと根付くまでの管理が肝要だ。この時期は親方の腕がなる頼もしい時。研修生には立ち入ることの出来ないとりわけ重要な采配を、必死に盗み見て覚えなければならない。年に2回の大仕事の時期に突入している。

鳥のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

キジ

2007/03/23 Fri 00:37

畑にはキジがつがいで居る。
ふたりは私との距離がかなり近くなってからあわてて走る。
私も彼らの気配を感じないので、かなり接近してしまう。
いつもお互いに驚く。
スタートダッシュはそれほどでもない。そして、飛ばない。いや飛べないのか。
そのうしろ姿は必死ではあるが、申し訳ない、滑稽である。
キジ(♂)


先輩のわーさんは、キジの雌に魅了されたらしい。
雄に比べると地味でやや小さい。しかもいつも雄の3歩後ろに居る。ようにみえる。
その奥ゆかしさがいいそうだ。

初夏には卵が見れるだろうか。

鳥のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。