スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

コガネムシ

2009/09/13 Sun 14:53

かっこいいなぁ。
アオドウガネ
部屋の隅でガサゴソと音はしていました。
でもきっとゴキブリに違いないから知らん振り~♪していたのですが、
あんまりアピールするので覗いてみたら、コイツでした。

はじめて会うので、おやおやいそいそと調べてみたら、
なぁんだ。コガネムシの類か。

調べてみるとこちらはアオドウガネ(お尻の毛が同定ポイント)というらしい。
超普通種だそうです。残念。
よく畑で見かけていたのはマメコガネやコガネムシ。
なんかいつもと違うもんだからワクワクしちゃったじゃないですか。もう。

このコガネムシの類、個体によって色が様々あるらしく、なんとも奥深い。
楽しそうな材料です。




スポンサーサイト
虫のこと | コメント(4) | トラックバック(0)

ホソヘリカメムシ

2009/07/26 Sun 17:28

物干し台のポールを乗せるこういうカーブしたところに
ホソヘリカメムシを発見!
ホソヘリカメムシ
といっても珍しい個体ではありませんが、
そう簡単に虫探しをできない身ですので、
向こう様からひょいと顔を出してくれると嬉しくて。
これからの洗濯物も、泣きかけようとしてる穂高もそのままで、
ついつい。

蜘蛛のようにスマート。30㎜くらいの大きさです。
近くの大家さんの畑で豆類を作っているので、
こちらにも寄ってくれたのでしょう。

虫のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

クサギカメムシ

2009/03/18 Wed 20:52

今年もやって来ましたカメムシの季節!
常連のクサギカメムシ。
クサギカメムシ
最近はめっきり春満開で、
ピーヒョロロのトビが鳴き、
ゴマ模様のツグミが跳ね、
桜にコブシにモクレンに・・・花盛り。
家に居ても暑いぐらい。
虫のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

コフキゾウムシ

2008/06/11 Wed 23:35

コフキゾウムシ
日本画のような品格のある白を持つ、コフキゾウムシ(甲虫目ゾウムシ科)
粉状のお化粧みたいな鱗片が取れると黒い本体が現れるんですって。
この子はほんとにすばしっこくて葉裏に隠れちゃうもんだから、接写するのに苦労しましたよ。
追い回して追い回して疲れて(?)休憩しているところを撮りました。
クズやハギなどのマメ科植物の葉を食べるそうです。
(写真は@クズの葉)
虫のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

これ、ウズラ?

2008/05/18 Sun 14:10

ジャガイモの葉にてんとう虫風のムシ。
天敵テントウムシダマシ・・・でもない。
テントウムシ・カスタムという雰囲気。
はて。はて。
クロボシツツハムシ
どうやら、クロボシツツハムシ(甲虫目ハムシ科)。
主にクリやナシの葉を食害するとのこと。
では何故ジャガイモに?
この場所、滋賀に比べて虫多い。
類も量も。

こちらのいつもの荒野には、とぼけたムシ。
とぼけた眼とその位置が妙にかわいい。
菱型の体に縦縞・オレンジ色の触覚。
羽の感じからカメムシかなってことぐらいはわかるけど、
誰だろう。
ウズラカメムシ
やっと見つけた彼の名はウズラカメムシ(カメムシ科)。
ウズラの卵の柄に似てるからって・・・似てる?
そこに目をつける?
菱型とかストライプとかオレンジの触覚とか、イネ科雑草を好むとか、
いろいろあったでしょうに。。。
虫のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

その鎧、判明。

2008/05/17 Sat 08:41

セイタカアワダチソウに何だか粉のようなものが・・・???
虫①
むむむ???動いてるぞー。
よく見たら、ほら、こんな↓ムシでした。おぉぉ~っ、鎧みたいでかっこいい!!!
アワダチソウグンバイ
5月はじめに見つけたこの虫君の正体を突き止めるべく
ずぅっと名前を探していたのです。ようやくようやく見つけた彼の名は・・・
アワダチソウグンバイ(カメムシ目グンバイ科)。
アワダチソウをはじめキク科植物、サツマイモなどのヒルガオ科植物、
そしてナスの葉にも付くカメムシなんですって!なんとなんと。まあ。
1999年に兵庫県で害虫として発見された比較的新しい害虫です。
中南米原産で関西・東海を中心に、近年生息範囲を拡大している要注意な外来生物。
同じく外来植物として一足先に全国で猛威を振るっているアワダチソウに伴って、
このグンバイも生息域を拡大しているのでしょう。
あぁ恐ろしや。

見た目は扁平で薄っぺらで透き通り、エビのような質感でかっこいい。
鎧風な体を裏返すと結構ちっちゃな本体で、なんかジタバタして可愛い。
そんな見た目に騙されちゃぁいけませぬ。
恐ろしや。

虫のこと | コメント(3) | トラックバック(0)

天道虫祭り

2008/05/14 Wed 20:51

大人になったばかりのナナホシテントウ
隣にはまだ抜け殻。
大人になったばかりのお馴染みナナホシテントウです。

いつもながらてんとう虫が多いこの季節。
3月からちらりほらりと現れて、今はもう飽和状態かなという感じ。
真っ赤なフォルムで見つけやすいし、手ごろなサイズでかわいいし、
結構ゆっくり走るから見ていて飽きません。
そして何といっても野菜を食べないからいい。
しかも農家の宿敵アブラムシを食べてくれるんだから言う事なし!
かわいい顔して肉食ってのは、ちょっと怖いけど。
赤地に多紋型のナミテントウ豚の鼻のような斑紋のメス
キイロテントウ
害虫ニジュウヤホシテントウみたいなナミテントウの赤地に多紋型、
同じくナミテントウの豚の鼻見たいな模様の個体、
キイロテントウに出会いました。
虫のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

初対面

2008/05/04 Sun 16:27

初めて会いました!
誰かわかりませんが、結構いるんですこの虫君。
初対面
もしやこれがアザミウマ(スリップス)?!と、
よく耳にするけど出会ったことがないあの害虫かと思い調べてみると・・・
雰囲気は似ていますが、噂の害虫は顕微鏡で見るほどの小ささ。
なぁんだ。違う。この子15mmくらいだもの。
じゃぁ、ハムシかカミキリの類か・・・と調べてみるけどそれらしいのが見つからない。
いろいろ探してみると、どうやらジョウカイボンの仲間っぽい。
セボシジョウカイ(ジョウカイボン科ジョウカイボン属)かしら。
いくつか写真を撮ったけど、どうも叙情的なアングルばかりで同定難しいなぁ。。。反省。
ジョウカイボンなら肉食だからOKよ。
セボシジョウカイ?ジョウカイボンの仲間
虫のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

カメムシが来た

2008/04/16 Wed 22:43

ほけきょの声もどこそこに、ぴぃちくぱぁちくぴぃぴぃぴぃぴぃ賑やかに、
まわりの緑、濃く艶やかにひょいと初夏の気配です。
畑でもカミキリ、ハムシ等多くみられるようになりました。
先日は袖を通したらピタと付く感じと、あの匂い。
ぶぅあぁぁ~っと脱いでバッサバサバサ、、、、
出てきたぁ、カメムシ―――!!!
おぉ臭い。。。後で調べたらクサギカメムシでした。
近くに桃の木があるからでしょうか。
ナガグロアカサシガメホソハリカメムシ
そして畑にはカラフルなカメといつものカメ。やってきましたこの季節!
(上図ナガグロアカサシガメ、下図ホソハリカメムシ
虫のこと | コメント(11) | トラックバック(0)

フェンネルに集う

2007/06/07 Thu 23:43

キアゲハの幼虫 アカスジカメムシ
セリ科の害虫はキアゲハの幼虫位かなと思っていたら、こんなカラフルなカメムシがいっぱい。変わった子には変わった虫がつく。類は友を呼ぶのね。なんて、そんな悠長なこと言ってないで駆除しなくちゃ。あぁ、でも厄介だなぁ。しばらく様子を見ようっと。

虫のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

ミミック

2007/06/06 Wed 23:22

   スイスチャードを真似するアマガエル
スイスチャード
の微妙な色をまぁ、うまく。
その薄黄緑色の葉だけでも感動なのに、
こんなに上手に真似してくれたらもう感動感動。
所詮モノマネでオリジナルにはかなわないのに、この感動は何だろう?
技はもちろん、その観察眼熱意かな。
そして彼のものの見方に共感するからかな。
もちろんカエル君にその意図がないとことはわかっているよ。
それがまた良いのだろうね。
虫のこと | コメント(1) | トラックバック(0)

虫みる眼鏡

2007/06/03 Sun 23:39

ヒメカノコハムシアジアイトトンボ(♀)
ルリテントウダマシオンブバッタ
シロへリクチブトカメムシ

最近の虫たちです。この他にもハムシを多く見かけます。
左上からヒメカノコハムシ、アジアイトトンボ(♀)?、ルリテントウダマシ、オンブバッタ、シロヘリクチブトカメムシ。


虫のこと | コメント(1) | トラックバック(0)

オケラの唄

2007/05/31 Thu 23:47

草むらで里芋。




救出していたら、でてくるでてくるミミズミミズオケラ



ぷるっとした巨ミミズ無防備に。



オケラ忙しく土中へ帰る。
その無愛想極まりなく、構いたくなり捕まえた。
嬉しい反発力で手の中を動くオケラ。
逃げようとするオケラ早く潜りたいオケラ


初めてオケラというものに出会いました。オケラもタガメと同じように黒光りした体で田んぼにいるのかと思っていたら、先輩に聞けばこれがオケラだという。中途半端な大きさとこの肉厚さ、程よい力と精巧なボディー。なんとも納得がいかないので好きだ。かわいい。
そういえば、どういう運びだったのか忘れたけれど先輩が「オケラの唄」を歌いだした。
“おけらになれ~ う○こになれ~♪”
どうでもいい唄である。



これを歌う時、先輩ご機嫌な時。しばしの安泰。
どうでもいい結構良い唄だ。
虫のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

喜!奇軌跡

2007/05/27 Sun 23:47

わたしのおうちに突如の壁画
壁画 壁画アップ
                                  ↑ クリック!

なめくじ画伯のサプライズでしょうか。途切れ途切れの光る線は、ムニュッムニュッと体を伸び縮みさせたから?どうしてこんなに動いたのかなぁ。この美しい線は点線というか破線というか、波線!波縫いみたいだから。出来上がりは点線だけど、糸と針そして手もしくは布が波打つ波縫い。この壁画(点線)も同じで、なめくじが波打つ隠された波線。なめくじの動きとその時間ここ”にあるから、おっ!と思う。なんだか書道鑑賞に似ています。


わたしのおうちにはもうひとつ、自慢のタペストリー
空気と景色と風と匂いと音と光・・・いっぱいいっぱい織り込んで
   クモの織物

虫のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

新たな出会い

2007/05/23 Wed 22:30

黒地に多紋型
ついに!黒地に赤紋がたくさんナミテントウに会いました。
農園では①黒地に2紋型②赤地に無紋型③赤地に多紋型④黒地に4紋型の順で出会いやすく、(←ちゃんと調査したわけではありません。感覚的に。)この黒地に多紋型は初めて。最盛期と比べるとテントウさん少なくなりました。最近は緑のカメが多くなったようです。昨年はゴーヤを吸われて大変でした。他に大根にカブラハバチ、カボチャにウリハムシ注意報。
アオクサカメムシカブラハバチの成虫

ついでにもうひとつ。ジョウカイボン。変な名前だし、どんなムシか想像できない名前でカッコイイ。肉食性らしいですが、菜の花の種鞘を食べている?ように見えました。餌を待っているのでしょうか。
ジョウカイボン


虫のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

ナミテントウ・フェア

2007/05/21 Mon 22:55

今日はようやく良いお天気になりました。雨や曇りだとなんだか調子がでない。風が吹いたら尚更。寒さで身をかくしていた虫たちもひょっこり顔をみせました。テントウムシは実に顕著で、天気が崩れると昨日までのあわただしさはどこへやらでパッタリ姿が見えなくなります。そうなると、畑にいてもなんだか寂しい。でも今日は違いました。またちょっと変わったナミテントウをどうぞ。
赤地に紋がたくさん黒地に4紋

↓後ろの赤紋が小さくてかわいい。   ↓月型
お気に入りナミテントウ月型の紋



虫のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

カボチャ畑の途中で

2007/05/16 Wed 23:48

カボチャ用の畝にマルチを敷く道すがら脇見をしながらきょろきょろ歩いていると、おぉ春キャベツ
春キャベツ畑
ふわっと巻いておいしそう。そして、、、ふふふ、しめしめ。なぁんて考えていたら、あら、トンボ!今年初トンボ。地面に悠々と着地しました。シオカラトンボの仲間だと思うのですが、シオヤトンボかなぁ。ご存知の方教えてくださいませ。
トンボ

ところでカボチャは、粉雪・打木・コリンキーと植えることができました。でも今晩から雨が降るらしいので、前回みたいな大風が心配です。
虫のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

謎は解けた

2007/05/15 Tue 22:58

誰?
この子だろうってずっと思っていたけれど、やっと謎が解けました。

ヒメカノコテントウの交接

ヒメカノコテントウ
の斑紋のない子だったのね。すっきり。

畑ではジャガイモズッキーニブラックベリーも花をつけ始めました。こうやって虫を見ている間にもみんなちゃんと大きくなっているんです。収獲時期が近づいています。

虫のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

小さな王子

2007/05/11 Fri 08:48


一度出会った生物の名前を知る。名前を知るのはただのきっかけ。そして生理・生態を知り、彼らの暮らしを想像する。すると、あの出会いが新鮮なものとなり蘇る。今度会うときには新たな視点を携えてじっくりと付き合えます。小さな王子とキツネのように馴染みになれる気がする。もちろん、私がキツネ。
畑を訪れる生物は、作物にメリット・デメリットを及ぼす。彼らの目線で考えると解決策が生まれると思う。


(fig.1)                                   (fig.2)       
ハナムグリ
キアゲハ
(fig.3)                                     (fig.4)

コモリグモ
ハナグモ
fig.5)                                    (fig.6)
セアカヒラタゴミムシトノサマガエル(♀)
(fig.7)
ウリハムシ
(fig.8)
ツチイナゴ

(fig.1)ハナムグリ
(fig.2)キアゲハ
(fig.3)コモリグモ
(fig.4)ハナグモ
(fig.5)セアカヒラタゴミムシ
(fig.6)トノサマガエル
(fig.7)ウリハムシ
(fig.8)ツチイナゴ





虫のこと | コメント(1) | トラックバック(0)

虫さんたち、まだまだたくさんいますよ。畑にはいろいろ棲んでいます。この子達の餌があり寝床がある。みんながいて畑が成り立ちます。
(fig.1)             (fig.2)
ヒメカノコテントウ斑紋のないナミテントウ
(fig.3)             (fig.4)
斑紋の多いナミテントウナミテントウの交接
(fig.5)             (fig.6)
ナナホシテントウの交接フタモンアシナガバチ
(fig.7)                     (fig.8)
ホソヒラタアブナミホシヒラアブ                 (fig.1)カメノコテントウ
(fig.2)ナミテントウ
(fig.3)ナミテントウ
(fig.4)ナミテントウの交接
(fig.5)ナナホシテントウの交接
(fig.6)フタモンアシナガバチ
(fig.7)ホソヒラタアブ
(fig.8)ナミホシヒラアブ

虫のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。