スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

立茎収獲

2007/06/08 Fri 23:26

アスパラの森を進む。
もう6月ですが収獲は続いています。
一株に数本残して光合成&根に貯蔵しながらの収獲。
アスパラ畑
条間が狭いのでアスパラ林が重なって立ち上がれません。ずっと屈んで進みます。ちょっとトトロに続くあの道みたい。最近は花が咲き、ハチたちが大忙しです。ブオンブオンブオンブオン。この音を聞くと刺されるわけじゃないのに何故か緊張。夜、誰かが乗りまわしているバイク音と同じ。別に狙われているわけじゃないのにドキドキ。
今日はこの森に入ってしばらくすると雷。でも雨はそんなに強くないから大丈夫大丈夫と収獲続行。が、森をぬけると大粒の雨!
アスパラの森では雨やどりもできるんです。

スポンサーサイト
野菜のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

フェンネルに集う

2007/06/07 Thu 23:43

キアゲハの幼虫 アカスジカメムシ
セリ科の害虫はキアゲハの幼虫位かなと思っていたら、こんなカラフルなカメムシがいっぱい。変わった子には変わった虫がつく。類は友を呼ぶのね。なんて、そんな悠長なこと言ってないで駆除しなくちゃ。あぁ、でも厄介だなぁ。しばらく様子を見ようっと。

虫のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

ミミック

2007/06/06 Wed 23:22

   スイスチャードを真似するアマガエル
スイスチャード
の微妙な色をまぁ、うまく。
その薄黄緑色の葉だけでも感動なのに、
こんなに上手に真似してくれたらもう感動感動。
所詮モノマネでオリジナルにはかなわないのに、この感動は何だろう?
技はもちろん、その観察眼熱意かな。
そして彼のものの見方に共感するからかな。
もちろんカエル君にその意図がないとことはわかっているよ。
それがまた良いのだろうね。
虫のこと | コメント(1) | トラックバック(0)

光のかたち

2007/06/05 Tue 23:34

 絹さやえんどうの影
カール。カール。カール。
かわいいお豆の姿に遮られて、光が見える。

日々の泡 | コメント(0) | トラックバック(0)

続・キジ

2007/06/04 Mon 23:42

キジが母子になっていました!子供が3尾。(写真は2尾)     キジの母子

バアァサァバサバサバサー!!
出会いはいつも突然やってくる。
飛び立って飛び降りて初めてキジだと確認。小さな個体もいたので、今日はヒバリと仲良く食んでいたのかなと思ったら、あれヒナじゃないですか!敵(私)の出現で母子はちりぢりに。あぁごめんなさい。お母さんは大慌てで、がさつにも無遠慮にカボチャのトンネルに上がって「お母さんはここよ!」と言わんばかりに澄んだ声で鳴いていました。いつもは雄の3歩後ろを歩くような彼女のあの姿、凛々しいを通り越して力強く必死。そんなに目立つところに上ったら、敵に見つかってしまうのに、はて。もしかして自らおとりになって子供たちを遠くに逃がしているの?山火事があっても卵を守リ続ける程の強い母性愛(昨日6/3農業新聞より)の一端を垣間見たような気がします。
ところで雄は何処に?最近は雄たけび激しく方々から聞こえてきたり、ひとり優雅に歩を散らしている姿を見かけるけれど、お父さんは一緒じゃないの?もしや新しい奥さん探し?

鳥のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

虫みる眼鏡

2007/06/03 Sun 23:39

ヒメカノコハムシアジアイトトンボ(♀)
ルリテントウダマシオンブバッタ
シロへリクチブトカメムシ

最近の虫たちです。この他にもハムシを多く見かけます。
左上からヒメカノコハムシ、アジアイトトンボ(♀)?、ルリテントウダマシ、オンブバッタ、シロヘリクチブトカメムシ。


虫のこと | コメント(1) | トラックバック(0)

夏色

2007/06/02 Sat 23:16

ツユクサ見つけました。
もう6月です。
黄色や白色の多かった野の花が、青色や桃色の夏色に。
綺麗だけれど厄介な雑草、オオイヌタデも優占度を増しています。
ツユクサオオイヌタデ



雑草という野の花のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

雲を突く

2007/06/01 Fri 23:14

   雲突く野菜

雲突く彼は“ジャンボニンニク”。その蕾。青い空がよく似合う。
先端へと向かう収束した部分の、黄・橙・桃・紫・緑のグラデーションが美しい。
こんなにも主張するフォルムとは裏腹に、地味で見つめるほどに味わいの増す色調。ひとりで立つ姿は物寂しげだけれど、皆で集まればトンガリも滑稽で愉しさがある。生け花にもいいじゃないか。
       ジャンボニンニクの蕾

このニンニクの芽が美味しい。炒めてよし炊いてよし。植物はいろいろな部分が食べれる。でも需要者がいないから商品にならない。または提供しようにもデメリットが大きいから商品化に至らない。
食べ物はいろんな所に眠ってる。
偏った目を捨てて大切な命を大切に食べつくそう!

野菜のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。