スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

かりはいらない

2008/05/21 Wed 08:22

天候落ち着き、穏やかな初夏の日々が続きます。
滋賀よりも2・3週間先に季節を進んでいるような、この場所です。
ですから、いつもながらに播種・定植をしていると少々遅れたかな?
と、焦る気持ちになること多々ありき。
しかしながら、4月下旬から梅雨までのこの穏やかな期間が長いので、
無理をして三寒四温の4月はじめに植えずとも、ゆっくりと植えた方がよろしいようで。

そんなわけで初期生育に恵まれて、その速度今までに見たことがなく。
砂地であることも根張りを促進することになったのでしょう。
先の農園では粘土のうえに春先のうららかなときは短い。
よってなかなか定着しなかったように思う。
だがしかし、初期段階でそのような環境のよろしくない場所にいるとその後活躍する。
先に手がかかると後ですんなりと結構ヤッテくれる。広い意味では、大器晩成型。
今のこの畑では定植からの生育素晴らしく、かりはいらねぇってな心意気。
だからこそややゆゆしきことを思ったり。
器用貧乏で終わらぬか?
個性と粘りは勝ち得るか?

今回のトマト、仮支柱の頃をすっとばし、本支柱をいたしました。
たくましく、スタイルもいい状態です。
畑のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示
« 悪茄子 | HOME | 4号 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。