スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

冬野菜は着々と

2008/11/02 Sun 16:15

歩いて畑に行く道中に、家から出るとすぐ愛知用水があります。
その農業用水路沿いにこの頃カワセミを見かけるようになりました。
北日本から移動して来たのでしょうか。

素早く水面を撫でていたかと思うと突然に、ふいと枝に留まったり。
なんとも気まぐれのように見えるその姿に見入ってしまいます。
羽の鮮やかな瑠璃色から青緑色のグラデーションと、
お腹の艶やかな橙色にときめかない人はいないでしょう。
高いけれども心地よい囀りも、おぉやりおるなぁといった様子です。


以前のように畑で走りまわることのできない私ですので、
畑では和田氏が2倍3倍働いてくれています。
土寄せをする和田氏
しかしながら和田氏はなんとまぁ腰の痛そうな体制なのでしょう。
いつも私に「それは人間工学的におかしい」とか「全く理論的ではない」と
非難なさいますが、そのクワ使いの方がよっぽど…と思いますわ(笑)
足元の大根、蕪類が大きくなってきました。

現在は夏野菜から冬野菜への移行期間です。
しぶとく旨味を増している僅かな夏野菜と間引き菜が主な収入源です。
色鮮やかな間引き菜
写真は上から「金時人参」「紅甘味(大根)」「黄人参」の間引き菜です。
小指ほどの太さでサラダなどにも使いやすい上に軟らかいですよ。
もちろん葉っぱも。
長久手のあぐりん村に出荷しています。
畑のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。